理想の顔になりたいなら鼻を整形すべし【病院は口コミから探そう】

看護師

施術を体験した人の声

鏡を見る人

ヒアルロン酸とプロテーゼ

鼻の美容整形には様々な種類があり、施術によって仕上がりや、効果の持続期間などに違いがあります。たとえば、ヒアルロン酸などによる注入法では、鼻の根元や眉間や鼻筋を整形することが可能です。この方法は注射器によって行われるため、跡が残りにくいというメリットがありますが、効果の持続期間は限られています。半永久的に鼻筋を高くしたいという場合には、外科手術を伴うプロテーゼなどが一般的でしょう。小鼻を小さくしたいという場合には、埋没法やボトックス注射、鼻尖の向きを変える場合には鼻中隔延長術などの整形が行われます。一つの目的について、複数の施術方法があることも多いため、効果やその持続期間を比較して選ぶことが大切でしょう。それぞれの施術について、実際に体験した人の口コミを参照することで、施術結果への満足度やその持続期間を具体的に知ることができます。体験者の口コミでは、様々な施術についての意見が寄せられていますが、もっとも多いのがヒアルロン酸注入です。この施術方法は、効果の持続期間が限られているため、外科手術を受けるかどうか迷っている人にも人気を集めている傾向です。外科手術を受ける前に、一度ヒアルロン酸注入を試し、その結果によって手術を検討するというケースです。ヒアルロン酸注入の口コミでは、仕上がりの綺麗さに満足している声や、施術のスピーディーさを評価する声が多くありました。注射器によってヒアルロン酸を少量注入するという施術ですので、全体のバランスを見ながら、形良く仕上げることが可能だとされています。理想的な形にしてもらえたと満足している人が多く、また費用についても、比較的リーズナブルだと評価されていました。この施術方法は効果に永続性がなく、一定期間を過ぎると、注入したヒアルロン酸が体内に吸収され、徐々に元の形へと戻っていきます。形良く仕上がることに満足し、効果が切れた後に再施術を受けるという人もいれば、一度効果を確かめた後、今後は外科手術を検討する、という人もいます。ヒアルロン酸注入による施術は、気軽に試せるプチ整形として、多くの人に評価されていました。同じように鼻を高くする施術でも、プロテーゼを挿入した場合、その効果は半永久的に続くといわれています。プロテーゼ施術を受けた人の口コミでは、仕上がりの印象や手術の費用、ダウンタイムなどについて様々な感想が寄せられていました。ヒアルロン酸注入とは異なり、術後に痛みや腫れがでるため、スケジュールなどをしっかりと調整した上で、受ける必要があるとされています。費用やダウンタイムの点では、ヒアルロン酸よりも負担がかかるといえますが、その効果が長く続くことに、満足している人が多い傾向でした。鼻の形にコンプレックスを感じていたが、施術によって解消され、気持ちが明るくなったなどの声も見ることができます。周りから美人だといわれるようになった、性格が変わり積極的になったなどの口コミも多くあるようです。ヒアルロン酸注入とプロテーゼは施術結果に大きな違いがあるため、どちらもその特徴を理解した上で、施術を受けることが重要だといえるでしょう。